減少していく女性ホルモンを増やす方法|サプリの賢い活用方法

不調を解決する

下を向く女性

減ってしまう

肩こりや急な発汗倦怠感など年齢が高くなるにしたがって悩みを抱える女性は増えていきます。特に40代からの女性に多い症状だと言われています。これらの不調を感じているにもかかわらず、ただの疲れだと認識している人も多く見受けられますが、これらは単なる疲れのせいだけではないかもしれません。疲労感はあるけれど、それだけではない、今までとは違うと何らかの変化を感じているとすれば、それはホルモンバランスの乱れからくる更年期症状だと言えるかもしれません。一般的に女性ホルモンは卵巣機能が低下し始める40代以降に減少します。それに伴って変化が起こると考えられているのが首や肩のコリ、ホットフラッシュと呼ばれる発汗、冷え性やイライラ感などです。それらのつらい症状を緩和させるためには、低下しつつある女性ホルモンを増やす方法を探すことが必要となります。女性ホルモンを増やす方法のサポートとして注目されているのがエクオールという成分です。これは大豆に含まれるイソフラボンのうちのダイゼインというものが腸内細菌によって代謝されるときにできる物質です。この量が多いほうが更年期症状のリスクが少ないと言われています。しかし、大豆イソフラボンを摂取することが女性ホルモンを増やす方法だと考えるのは少し気が早いかもしれません。誰もがその摂取でエクオールを体内で作れるわけではないからです。納豆などから大豆イソフラボンを摂取するよりもサプリメントでの摂取のほうが確実に補うことができまるので、女性ホルモンを増やす方法の手助けとしてサプリメントの利用はお勧めで、それによって様々な不調も改善が期待できるようです。

健康的に毎日を生きる

ユーグレナは、ミドリムシとも言われる植物の一種です。59種類もの栄養成分を有し、それらは人間の身体に必要な成分のほとんどを含んでいます。そのため、ユーグレナを原料とする健康食品・サプリメントを上手く使用すれば、美容や健康などに良いさまざまな効果が期待できます。

疲労感をサプリで軽減

口コミの多いオルニチンは、タイミングを読んで服用する方が効果が期待出来ます。肝臓の修復活動が活発になる夜は、オルニチンのサプリを飲むのに良い時間帯です。アルコールを夜に摂取する方は、特に飲用のタイミングを工夫します。

50種類以上の栄養素

スピルリナとミドリムシは、植物と動物の両方の特徴を合わせもつ非常に珍しい生物です。そのため、50種類以上も含まれている栄養素を細胞壁に邪魔されることなく効率よく吸収でき、吸収率はどちらも90%を超えます。